Emerging 2016
24/158

High Performance Computing / Sparse Matrix Technique / Computer Algebraハイパホーマンスコンピュ-ティング/疎行列計算技術/数式処理NODERA, Takashi野寺 隆主に並列計算機を使って、大規模な科学技術問題を解くためのアルゴリズムの開発を行っている。特に、線形な非適切問題から生じる大規模な連立1次方程式に対して、解の安定性を図る正則化技法としての非定常な反復法の研究に従事している。This laboratory focuses on the development of algorithms that solve complex scientific problems using a parallel computer. Especially, we are engaged in nonstationary itarative methods as regularization methods for a stability problem of linear discrete ill-posed problem.教授Professor数理科学科Department of Mathematics工学博士Ph.D.基礎理工学専攻22理工学研究科要覧数理科学専修The Center for MathematicsStatistical Science / Multivariate Analysis / Environmental Risk Assessment / Biological Resource Assessment統計科学/多変量解析/環境リスク評価/生物資源評価MINAMI, Mihoko南 美穂子生物や環境科学に関する統計的モデリングに興味を持ち、特に、生物資源評価や環境リスク評価のための統計手法の開発、周期的平滑法の数理的解析と大気汚染・気象観測データ解析への応用に取り組んでいる。その他、欠測のあるデータの解析法、混合効果モデル、多変量分布理論、独立成分解析を含む多変量解析手法一般について研究してきた。My current research interest includes data design and modeling for the biological and environmental sciences, in particular, biological resource assessment and environmental risk assessment. I also have conducted research on statistical methods for missing data, mixed effect models, multivariate distribution theory and multivariate analysis including independent component analysis.教授Professor数理科学科Department of MathematicsPh.D.Ph.D.Discrete mathematics / Combinatorics / Algorithms離散数学/組合せ論/アルゴリズムODA, Yoshiaki小田 芳彰私は組合せ論の中でも特にアルゴリズムに興味を持って研究を行っています。例えば、巡回セールスマン問題のように計算量理論でNP困難に属する問題は種々の興味深い性質を持っています。そうした性質の解明や時間計算量の効率化などに取り組んでいます。この他にも、三角形分割やボロノイ図などのグラフ理論、離散幾何にも興味を持っています。This laboratory mainly focuses on combinatorics, algorithms and computational complexities. For example, we study the Traveling Salesman Problem. We are also interested in graph theory and discrete geometry, e.g., triangulations and Voronoi diagrams.准教授Associate Professor数理科学科Department of Mathematics博士(理学)Ph.D.Probability Theory / Large Deviation / Random Environment確率論/大偏差原理/ランダム媒質TAMURA, Yozo田村 要造確率論における極限定理とその応用に関連した研究を行っている。特に、大偏差原理とその精密化に関する問題、およびその応用に興味を持っている。また、ランダムな媒質中のランダムウォークや拡散過程の長時間挙動に関連する極限定理についても調べている。This laboratory focuses on limit theorems in probability theory and their applications, mainly on the large deviation principle, its refinement and their applications. Limit theorems related to the long time behavior of random walks and diffusion processes in random environments are also studied.教授Professor数理科学科Department of Mathematics理学博士Ph.D.Operator Algebra/C*-algebra作用素環/C*環KATSURA, Takeshi勝良 健史私は作用素環、特にC*環を研究している。作用素環とはヒルベルト空間上の有界作用素がなす環のことであり、量子力学を数学的に定式化するという目的で誕生して以来、数学や物理の多くの分野と関連して発展してきた。私はその中で位相力学系から生じるC*環を、分類理論的視点から研究している。I am interested in operator algebras, especially C*-algebras. Operator algebras are algebras consicting of bounded operators on Hilbert spaces. The theory of operator algebras has been developed with interplaying many fields in mathematics and physics after its born to give a mathematical formulation of quantum mechanics. I am working on C*-algebras associated with topological dynamical systems in the viewpoint of classification theory.准教授Associate Professor数理科学科Department of Mathematics博士(数理科学)Ph.D.discrete optimization / mathematical programming / algorithms離散最適化/数理計画/アルゴリズムTAMURA, Akihisa田村 明久最適化の中でも離散構造を持った離散最適化を専門としています。近年は、離散凸解析、そのゲーム理論への応用、離散凸関数に対する最適化アルゴリズムの構築に興味を持っています。This laboratory focuses on optimization, in particular, discrete optimization. The recent interests are discrete convex analysis, its applications to game theory, and optimization algorithms for minimization problems of discrete convex functions.教授Professor数理科学科Department of Mathematics理学博士Dr. Sci.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 24

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です