Emerging 2016
116/158

カリキュラム114理工学研究科要覧特別研究第2は、指導教員による博士論文作成の指導、指導教員との討論を主な目的とした科目です。入学時の履修申告期間内に、指導教員の承認を得て特別研究第2の授業科目を履修申告しなければなりません。修士課程授業科目・他研究科設置科目の履修について指導教員が必要と認めた場合には、修士課程の授業科目(他の専攻を含む)、または他の研究科授業科目等(修士課程授業科目を含む)を指定して履修することができます。後期博士課程の学生には、研究成果を公表することを強く奨励します。論文の専門雑誌への投稿、国際会議や主要な学会等での研究成果の発表を積極的に行ってください。これらの成果公表は後期博士課程の修了の際に研究業績として提出することになります。後期博士課程●特別研究第2の授業科目履修●研究成果の公表

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 116

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です