Emerging 2016
10/158

08理工学研究科要覧基本理念 Basic Philosophy分野別縦割りから、創発的ネットワークへ From Vertical Segmentation to Creative Networks基本理念 Basic Philosophy 慶應義塾大学理工学部では、1996年4月に実施した学部改革に続いて、2000年4月に大学院理工学研究科の研究教育体制を刷新しました。これは単に慶應義塾における改革にとどまらず、今後の科学技術のあるべき姿を抜本的に問い直し、現在の科学技術が直面している諸課題の解決を志した、いずれも世界的にも例のない試みです。その基本理念は、❶学部においては学科間の有機的な関連性を明らかにして、科学技術の確かなディシプリンを教育し、❷大学院においては、研究分野を横断するトランスディシプリナリな教育を行う、❸この2つを研究・教育の両面から総合化することによって、学部・大学院での研究教育の新しいあり方を世に問おうとするものです。The reorganization of the Faculty of Science and Technology in 1996 and the Graduate School of Science and Technology in 2000 was more than just a simple restructuring. Rather, Keio’s aim was to radically rethink what science and technology should be and to address current scientific and technological challenges. This effort was unprecedented globally. The fundamental philosophy of the reorganizations was to 1) clarify the organic connections among departments to provide a solid education in a science and technology discipline at the undergraduate level, 2) implement a transdisciplinary educational and research environment at the graduate level, and 3) integrate these first two ideas to present to the world a new, innovative research and educational system at both the undergraduate and graduate levels.School of FUNDAMENTAL Science and TechnologySchool of Science for OPEN and Environmental SystemsSchool of Integrated DESIGN Engineering

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です