音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 企業・研究者の方 > 応用化学科/開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)(締切 8/16)

企業・研究者の方

理工学部案内(デジタルブック)
Emerging 大学院理工学研究科パンフレット
YouTube KeioUniversity
塾員来往
学問のすゝめ
慶應義塾イノベーションファウンダリー(KIF)
慶應義塾基礎科学・基盤工学インスティテュート(KiPAS)
新版 窮理図解
博士課程教育リーディングプログラム 超成熟社会発展のサイエンス
博士課程教育リーディングプログラム グローバル環境システムリーダープログラム
慶應科学技術展 『KEIO TECHNO‐MALL2016』

教員公募(募集要項)

慶應義塾大学理工学部応用化学科/大学院理工学研究科開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)

募集人員
助教(有期)  1名

所属
学部は応用化学科、大学院は開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)

専門分野
環境化学(大気化学または微粒子工学を基礎として、環境中の微小粒子を含む多様な大気汚染物質の分析および生体影響評価等を行う分野)

担当授業
自然科学実験、応用化学実験Cなどの実験科目、および化学工学演習などの演習科目

応募資格
着任時に博士の学位を有するか、または取得の見込みがあり、奥田知明准教授と協力して教育と研究を遂行できる方。

着任時期
2018年4月1日

任期
単年度契約とし、双方の合意に基づき契約更新を行う。最長雇用期間は3年間までとする。任期後に、審査または公募により専任教員として採用することがある。

提出書類
(1)履歴書(写真貼付)
(2)研究業績リスト
(3)主要論文(5編以内)の別刷またはコピー
(4)これまでの研究概要と今後の教育・研究に対する抱負(A4用紙3枚程度)
(5)推薦書または応募者について所見を伺える方の氏名と連絡先

応募締切
2017年8月16日(水)必着

その他
(1)連絡可能なメールアドレスを履歴書に必ず記載すること。
(2)選考の過程で、8月下旬から9月初めに面接をお願いすることがある。
(3)応募書類は返却いたしません。

書類送付および問合せ先
〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部応用化学科主任 藤本啓二
TEL 045-566-1580
E-Mail:fujimoto@applc.keio.ac.jp
※封筒に「環境化学系助教応募書類在中」と朱記し、簡易書留で郵送のこと。

↑PAGE TOP