慶應義塾大学 理工学部学生課国際担当Office of Student Services (International) Keio University Faculty of Science and Technology ENGLISH PAGE
留学のすすめ
トップページ
理工学部生・研究科生へのメッセージ
理工学部学生課国際担当について
留学のすすめ
自分にあった留学先・プログラムを見つけよう!
語学の実力を知ろう!磨こう!
私の英語勉強法
理工学部生のための「国際人」養成パス:「モデルプラン」
FAQ
交換留学
春季・夏季講座・短期研修プログラム
Double Degree Program
大学の世界展開力強化事業
組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
ITPプログラム
リンク
留学体験記
留学のすすめ

FAQ

Q. 外国語に自信がないのですが・・・
A. 語学に100%の自信のある人の方が稀でしょう。語学力を向上させたいから留学したいという方も多いでしょう。まずは、今の自分の力を客観的に知り、留学のチャンスをつかめるだけの語学力を磨きましょう。「語学の実力を知ろう!磨こう!」を読み、具体的なアクションをとってみてください。
Q. 交換留学したいのですが、協定大学についてどのように調べたらよいですか?
A. 毎年発行される「留学のてびき 派遣交換留学募集要項」および国際センターのホームページをご覧ください。協定大学については、各大学ホームページより情報を集めてください。また、国際センターには過去の派遣生の報告書があります。国際センター(矢上支部)では「理工学部生にお勧めの交換留学先一覧」の配布や留学を含んだ進路相談のために各学科の先生の紹介を行っていいますので、まずは国際センター(矢上支部, ic-yagami@adst.keio.ac.jp)へご相談ください。また、大使館等で行う留学フェアに参加して情報収集するのも良い方法のひとつです。
Q. 取得してきた単位は卒業単位として認められますか?また、一年遅れずに、進級することはできますか?
A.

はい、取得してきた単位は卒業単位として認められることがあります。概ね次のような手続きが必要です。

留学前に、留学先の大学のホームページで開講科目を確認し、履修計画を立てましょう。履修予定の科目をもし取得した場合に、理工学部設置学科専門科目のどの科目として認定されるかを、学習指導副主任とよく確認しましょう。3年生で、帰国後遡及進級を希望している場合は、理工学部必修科目に相当する科目があるか、取得科目が認定されたら進級条件を満たすか、確認しましょう。単位の認定は、帰国後、学習指導会議で審議の上決定されますので、履修科目の確認に加え、研究室配属について、学習指導副主任とよく相談するとよいでしょう。

帰国後、単位認定されて、3年進級条件を満たし、4年生に進級することができても、学期の途中に帰国すると、4年生の必修科目の卒業研究の着手に影響が出ます。このような場合は、例えば帰国までは留学先からメールなどで指導を受け、帰国後から研究室に通う、など自分が指導を希望する教員が受け入れてくれるのか、必ず確認してください。留学してからの研究室配属は、学科によって異なりますので学習指導副主任の指示に従ってください。なお、4年生は遡及卒業できません。詳しくは、学事課や学習指導副主任に相談してみましょう。

大学院修士課程において留学する場合は、時期や期間により標準年限2年で修了することができます。詳しくは、学事課や学習指導副主任に相談してみましょう。

Q. 留学するのは経済的負担が大きいと思いますが…
A.

留学費用は、留学先により物価が違いますし、同じ国でも地域によって、また暮らし方により生活費は変わってきますので、費用をある程度抑えることは可能でしょう。過去の派遣生の報告書に費用が紹介されている場合がありますので、参考にしてください。

留学する学生へ向けた奨学金の情報は、国際センターのホームページの奨学金のページに随時掲載していますので、ご覧ください。また、一般的な奨学金については、塾生向けホームページの奨学制度のページで紹介していますのでご覧の上、学生総合センターに相談してみましょう。