慶應義塾大学 理工学部学生課国際担当Office of Student Services (International) Keio University Faculty of Science and Technology ENGLISH PAGE
Double Degree Program
トップページ
理工学部生・研究科生へのメッセージ
理工学部学生課国際担当について
留学のすすめ
交換留学
春季・夏季講座・短期研修プログラム
Double Degree Program
エコール・サントラル(フランス)
プログラム概要
ルンド大学(スウェーデン)
大学の世界展開力強化事業
リンク
留学体験記
派遣生達の声
EC-Lyon 派遣生 Kさん

1. あなたがDDプログラムへ応募しようと思った動機をおしえてください

僕は大学生活の2年間をなんとなく過ごしていました。慶應での生活は充実はしていたけれど、何か「足りない」と感じてしまうことが多かったのです。自分で目標を決めて自分で何かひとつのことをやり遂げたいと思い、以前から興味のあった留学を決めました

2. 実際にプログラムへ参加してみていかがですか?

すべてが初体験でした。フランス語を勉強するのも初めて、外国人と友達になり交流するのも初めて、海外で暮らすのも初めて、自分で行動を起こさないといけないという環境も初めて、分からないことばかりです。勉強面でも苦労の連続です。まず、先生の言っているフランス語を理解すること、教科書がフランス語で説明していることを理解することから始めなければいけないからです。まわりのフランス人やフランス語が出来る他の外国人留学生の何倍も時間を費やさなければいけないのはとても大変です。フランス人学生の中には、協力的でない人もいます。でも、大変なことだけでなく楽しい時間ももちろんあります。友達と一緒に旅行したり、お酒を飲んだり、パーティーをしたり、楽しい時間を過ごしています

3. これから応募を考える方へ何か一言

フランス語のレベルはあまり関係ないと思います。実際僕はフランス語歴ゼロからスタートしました。もちろん苦労の連続ですが、今のところ乗り越えている(つもり)です。それよりも、自分から外人の輪に入っていく積極性や社交性のほうが大切だと感じます。自分から友達を作る機会を作り、仲間を増やせば、生活は自然と楽しくなると僕は思います。

(Lyonのサッカーチームのユニフォーム)
その他の派遣生達の声
派遣先: EC-Lyon
氏名: Kさん
派遣先: EC-Lille
氏名: Kさん
派遣先: EC-Nantes
氏名: Iさん
派遣先: EC-Nantes
氏名: Mさん
派遣先: EC-Paris
氏名: Hさん
派遣先: EC-Lyon
氏名: Kさん

「派遣生達の声」メニューに戻る