慶應義塾大学 理工学部学生課国際担当Office of Student Services (International) Keio University Faculty of Science and Technology ENGLISH PAGE
Double Degree Program
トップページ
理工学部生・研究科生へのメッセージ
理工学部学生課国際担当について
留学のすすめ
交換留学
春季・夏季講座・短期研修プログラム
Double Degree Program
エコール・サントラル(フランス)
プログラム概要
スケジュール
募集要項
派遣生達の声
報告・印刷物
FAQ&お問い合せ
LINK
ルンド大学(スウェーデン)
大学の世界展開力強化事業
組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
IPプログラム
リンク
留学体験記
FAQ & お問い合わせ

選考試験について

合格・渡仏について

フランスでの語学研修について

Ecoles Cenrtrales での生活について

帰国・大学院進学について

その他

 

選考試験について

Q. 第2外国語がフランス語ではなく、まったくの未習者なので語学力が不安です。
A. 全くの未習者の出願は受付けません。出願を検討するのであれば、少なくとも、自分で勉強を開始するなどフランス語学習に対する意欲が必要です。
Q. 選考試験のために、何を準備すれば良いですか?
A. 慶應での1、2年次の学業を最優先するようにしてください。特に物理・数学の基礎学力は極めて重要です。フランス語学習もなるべく早く開始するようにしてください。 また、留学計画書の内容も重視します。なぜフランスなのか、なぜエコールサントラルなのか、そこで何をしたいのか、そこでの留学経験を自分はその後どのように活かしていくことができるのか。こうした点についてよく考え、留学計画書の中に盛り込むようにしてください。 さらに、派遣先で学ぶ内容についてウェブサイト等を利用し、十分に下調べをしてください。
Q. 合格のチャンスはどのくらいですか?
A. 特に定員数を設けているわけではなく、年間10名程度の派遣が目安です。学業能力と異文化への順応性に基づく絶対評価で派遣生を決定しています。
Q. 春休みに実施しているECN語学研修と日程が重なってしまいますが、語学研修には参加しない方が良いでしょうか?
A. ECN語学研修とダブルディグリープログラムの両方に出願しても大丈夫です。書類の提出は郵送でも受け付けていますし、その後の面接は電話またはテレビ回線方式で実施する場合もあります。 いずれにせよ、ECN語学研修でフランスにいるからと言ってDDの選考に不利になることはありません。

PAGE TOP

合格・渡仏について

Q. 語学研修開始まで、慶應での授業を履修することはできますか?
A. 語学研修のため学期途中で渡仏する場合は、授業を担当している先生、学習指導の先生、学事担当などと履修できるかどうか/履修すべきかどうか、事前によく相談するようにしてください。
Q. ECへの派遣が決定した場合、すぐに渡仏して語学研修などに充てても良いのでしょうか?
A. 基本的には本人の自由裁量で決定できますが、学科ごとに事情が異なるので学習指導の先生によく相談してください。
Q. 渡仏にあたり、特に準備するべきことはありますか?
A. ビザの取得や航空券の手配など、準備は全て自分ですることになっています。社会勉強の一環ですので、正確な情報を集めるように努力してください。
申請に必要な書類は、在日フランス大使館のHPで確認してください。

PAGE TOP

フランスでの語学研修について

Q. 研修を受ける語学学校について教えてください。
A. Vichyという街にある、Cavilam (Centre d’Approches Vivantes des Langues et des Medias)という語学学校です。エコールサントラルとも長年の提携関係があります。語学学校において既に多くの実績を残しており、国内外から信頼を寄せられている語学学校です。
Q. どのような授業を受けるのでしょうか?
A. 読み・書き・会話など満遍なくフランス語を学びます。
(月:午後3時間半、火〜金:午前3時間・午後1時間半)
Q. 研修期間はどのくらいですか?
A. 6月最終週から9〜10週間程度です。
Q. 現在滞在費はどのくらいかかるのでしょうか?
A.

2010年度は次の通りです。

授業料 208euros/週
ホームステイ代 24,50euros/日

※ダブルディグリー生に対する優遇価格になっています。

Q. 自分の好きな語学学校を選ぶこともできますか?
A. 原則では上記のCavilamでの研修に参加していただきます。特別な理由で他の語学学校に参加したい場合はまず国際担当にご相談ください。
Cavilamはエコールサントラルとの提携で、ブラジルやインドといった他の国からのダブルディグリー留学生に対するフランス語教育ですでに多くの実績があります。また語学研修期間中に、エコールサントラルから先生方が訪れ説明会を開くため、さまざまな情報をえられる場にもなっています。
Q. この語学研修への参加は義務なのでしょうか?
A. フランス在住経験者など既に十分な語学力を有している方は、必ずしもこの限りではありません。それ以外の方は必ず参加していただきます。

PAGE TOP

Ecoles Centralesでの生活について

Q. 派遣先の授業開始時期はいつ頃ですか?
A. 9月末〜10月初めです。派遣先によって多少の差があります。
Q. 現地での住居の手配はどうなっているのですか?
A. エコールサントラルの寮に入寮できます(マルセイユは近隣大学と共通の学生寮)。現地学生や他国からの留学生も入寮しているため、語学や共同生活を勉強する上でも恵まれた環境といえるでしょう。 派遣先によっては、2年目から寮を出なければならない場合もあります。
Q. 派遣先は希望することができるのでしょうか?
A. 出来ません。エコールサントラル各校の教育理念は共通なので、派遣生の希望はとらず、フランス側で多面的検討を加えた上で決定します。
Q. 授業料はいくらですか?
A. 交換留学の規定により、留学中は慶應に学費を納め、派遣先での授業料は免除となります。保険料、生徒会費などは派遣先によって異なるので、派遣生の報告書等を参考にしてください。
Q. 滞在費は自己負担ですか?
A. エコールサントラルでの授業料以外は、全て(語学研修費用等も含む)自己負担となります。
Q. 生活費はどのくらいかかるのでしょうか?
A.

派遣生の一ヶ月あたりの生活費(例)をご紹介します。

家賃+光熱費 320〜340euros(住居補助費込み)
食費(学食※1+自炊) 150euros
携帯電話 20〜60euros
平均合計※2 600euros

※1 大学食堂の10枚綴りチケットを約29eurosで購入
※2 その他、学校の諸手続き、学校行事への参加、教科書、外食、交通費、旅行等の費用が必要です。

Q. 現地ではどのような研究ができるのですか?
A. エコールサントラルでは、専門的な研究に参加することよりも、機械、電子、数学、物理など理工系の基礎学力習得を重視したカリキュラムとなっています。
また企業から与えられた課題をグループでこなしていくプロジェクトなども充実しており、社会で学問がどのように活かされるかを学ぶことができます。2年間の学習を終えた帰国後に、慶應の大学院理工学研究科修士課程で専門性を深めてください。
Q. 実際にエコール・セントラルで勉強している派遣生たちの声が知りたいのですが。
A. 派遣生たちからはほぼ毎月、現地の生活の様子を綴った報告書を送られてきます。日吉・矢上国際担当で閲覧できますので、気軽に立ち寄ってください。
またダブルディグリープログラムのHPに、報告書の一部を載せています
必要に応じて派遣生へのメールなどにより直接質問することも可能です。
Q. エコール・セントラルから慶應に来ているフランス人学生から話を聞くことはできますか?
A. 矢上キャンパス国際センターが仲介しますので、まずはご連絡ください。また、「応用フランス語1・2」では、フランス人学生から話を聞いたり、相談したりできる機会を設けています。この授業を履修するか、もしくは「DDメーリングリスト」に登録をして、こうした機会は逃さないようにしましょう。

PAGE TOP

帰国・大学院進学について

Q. 夏に帰国・秋学期に大学院進学ということですが、慶應での修士課程在籍期間は短くなるのでしょうか?
A. 9月入学→9月修了=計2年間が原則です。ダブルディグリー生のための優遇措置はありません。
Q. 大学院進学の手続きは、いつ、どのように行うのですか?
A. 理工学研究科9月入学のための入学試験と同様のスケジュールで行いますので、帰国前年の12月中旬には、出願書類を慶應に送付することになります(エコールサントラルから慶應に留学するフランス人学生とほぼ同様の手続きです)。時期が近づいたら、必要書類が理工学部学生課国際担当から送付されます。この書類には指導教員(研究室)の希望も記入することになるので、ウェブサイトなどで情報収集をし、出願までに指導を希望する教員とメールなどで研究内容の相談などコンタクトをとっておくようにしてください。
Q. 大学院修了が9月になりますが、就職活動はどのように行うのですか?
A. 修了生の体験を随時公開しますので参考にしてください。

PAGE TOP

その他

Q. 現在何名の学生が派遣されているのですか?
A. 2010年度までに計34名が派遣されています。
【内訳】 1期生: Lille 1名、Lyon 2名、Nantes 2名、Paris 1名
  2期生: Lille 1名、Marseille 1名、Nantes 2名、Paris 2名
  3期生: Lille 1名、Lyon 1名、Marseille 1名、Nantes 2名、Paris 1名
  4期生: Lille 1名、Lyon 1名、Marseille 1名、Nantes 2名、Paris 2名
  5期生: Lille 1名、Lyon 1名、Marseille 1名、Nantes 4名、Paris 2名

PAGE TOP