音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 受験生の方 > 学門制

学門制について

学びの庭に入る門

「学門」とは、“学びの庭への入口”という意味を込めた言葉で、それぞれ<学門1・物理>、<学門2・数学>、<学門3・化学>、<学門4・メカニクス>、<学門5・情報>と大きく5つの分野に対応しています。理工学部では、入試の時点で5つの「学門」のいずれかを選択します。

2年進級時に学科分け

入学後、自分の興味や関心に応じて徐々に学びたい分野を絞っていき、2年進級時に所属する学科を決定します。各学門から進級できる学科とおおよその割合は表のとおりです。希望学科への進級率は年度により異なりますが、第1希望へは85~90%、第2希望へは10%前後と、多くの学生が希望通りの学科に進級しています。

学門制のメリット

従来の入試に比べて、入学後の学科選択や科目選択がより自由になります。また、別々の学門から入学した異なる関心を持つ学生同士がともに学ぶという学習環境は、科学技術を学ぶ者にとって刺激的で創造的です。

↑PAGE TOP