音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 教育・研究 > 教育・研究環境

教育・研究環境

キャンパス環境

慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科の学生が過ごす日吉および矢上キャンパスは、神奈川県横浜市日吉にあります。学部1・2年生は他学部の学生と共に日吉キャンパスで過ごし、3・4年生および大学院生は日吉キャンパスから谷一つ隔てた高台にある矢上キャンパスで学生生活を送ります。
矢上キャンパスの北側からは、新宿副都心・霞ヶ関等の高層ビルが一望でき、南側からは、桜、新緑、紅葉といった四季折々の日吉キャンパスの景観のほか、遠くには富士山や横浜のランドマークタワーを望むことができます。緑に囲まれた静かな丘の上に立つこの矢上キャンパスは、科学技術の最先端を目指す研究拠点といった雰囲気が漂い、理工学を志す学生に相応しい環境となっています。

きめ細かな教育体制

慶應義塾大学理工学部の専任教員の数は280名余り。1学年の学生数を約1,000名とすると、学生3~4人に教員1名の割合となります。全学年の学生数で見ても、学生17~18人に教員1名と、主な私立理工系学部の"約30人に1名"という数字と比べると、いかにきめ細かい教育を実践しているかが分かります。

矢上キャンパスの主な教育・研究サポート機関

理工学メディアセンター(松下記念理工学図書館)

メディアセンターは、従来の図書館機能を有するだけでなく、電子媒体などのメディアも駆使して、情報を教育・研究のために一元的に提供している組織です。建物は1971年(昭和46年)に学部が現在の地に移転する際、故松下幸之助氏(松下電器産業株式会社創立者)のご厚意によって寄贈され、松下記念理工学図書館とも呼ばれます。約35万冊の図書や雑誌を所蔵し、理工学分野の専任図書館としては国内有数の規模を誇っています。

理工学ITC(インフォメーションテクノロジーセンター)

キャンパスネットワークやコンピュータの利用をはじめとした、情報通信技術(IT)環境に関わるサービスを提供しています。矢上キャンパスのネットワークの歴史は古く、日本におけるインターネットの草創期に誕生しています。キャンパス間を10Gbpsで結び、キャンパス内も末端まで1Gbpsという高速ネットワークを実現しています。また、全ての研究室と主な教室の学生席にはネットワークに接続可能な情報コンセントが設置されており、キャンパス全域で無線でのネットワーク接続が可能となっています。

中央試験所

4年生および大学院生になると、実験や研究に際して、低温実験用に液体ヘリウムや液体窒素を使ったり、物質を解明するためにさまざまな分析機器を使用したりします。中央試験所とは、こうした一学科や一研究室でコストやメンテナンスの面で維持が困難な汎用的な大型分析装置などを集中管理する組織です。

学生課 国際担当

理工学部における留学生や外国からの研究者の受け入れなど、国際交流に関するサポートを行なっています。現在、理工学部には約170名の外国人留学生が在籍しています。日本人学生に対しては、ダブルディグリー制度をはじめとする海外留学の窓口として、情報提供や様々な相談に応じています。

学生課 学生生活担当

奨学金、学生団体活動、就職など学生生活全般についての相談や、届け出窓口となるのが学生課 学生生活担当です。学生生活を送っていく中で出会う色々な悩みについても、専門のカウンセラーが気軽に相談にのってくれます。

矢上研究支援センター(先端科学技術研究センター(KLL)総合事務室)

研究に関する資金や環境、助成金の公募情報などを提供し、共同研究・受託研究の契約、研究費の管理、研究成果の発信などの支援を行っています。また、産学連携イベント「KEIO TECHO-MALL(慶應科学技術展)」の運営や、大学院生への研究や海外渡航への財政支援も行っています。

理工学基礎教室

学部1・2年生は、日吉キャンパスで矢上の専門課程に進学するための基礎知識を身に付けます。これらの科目群を「理工学基礎科目」と呼び、その運営を行っているのが理工学基礎教室です。

実験教育支援センター

理工学教育に欠かすことのできない実験・実習教育に対して、技術的なサポートを行っているのが実験教育支援センターです。

保健管理センター

医師、保健師による健康診断、応急処置は常時行なっています。隣接する日吉キャンパス内には診療所があり、診察を受けることが可能です。慶應義塾大学病院をはじめとする他院への紹介状も作成できます。

研究所・センター

慶應義塾は、学部・研究科以外の幅広い活動の場として研究所・附属施設を多数設置し、従来の学問領域にとどまらない柔軟な研究環境を構築しています。ユニークで独創的な活動は内外から注目されています。

↑PAGE TOP